神社のかたすみに。

f:id:PapasCamera:20190117125435j:plainNikon Df + Af-s nikkor 50mm f1.8G

 

少し曇り空の朝んぽ。

話変わって、なんだか今年はD750の後継機が出てきそうですね。

いつも拝見しているデジカメinfoさんに、最近、ちょこちょこそんな記事が上がります。

私は以前、D750を使っていたので、やはり気になる。

でも、D750で機能的に不足するところあったかなぁ。

AFぐらいでしょうか…

でも、けっこう優秀でしたし。

技術革新は日進月歩。どんなカメラになるのか楽しみです。

カムバック。

f:id:PapasCamera:20190108124204j:plain

Fujifilm X100F

今日の朝んぽ、久々の猫さんに遭遇。

最近は寒かったから外に出てなかったのかな?

遅くなりましたが、貴重なブログネタの彼(彼女?)に無事、新年の挨拶ができました。

 

そして、新年だからということではないのですが、FC2でやっていた頃のPapasCameraの記事をこちらにインポートしました。

これは約3年前の1月の記事。

papascamera.hatenablog.com

 

いったい何を訴えたかったのか(笑)

あの頃の自分に伝えたい。

もっと写真を勉強しろよ。

もっとテーマを練ろよ。

そして、これからカメラにお小遣いを突っ込みすぎるから気を付けろよ。

 

…平成最後の年初です。

f:id:PapasCamera:20190108123728j:plain

Fujifilm X100F

新年。

f:id:PapasCamera:20190107123821j:plain

Fujifilm X100F

 

あけましておめでとうございます。

2019年になって、もう一週間も経ってしまいました(汗)

昨年末は息子が入院したりで、本当にどったんばったんでしたが、どうにか無事、新年を迎えることができ、ホッと一安心。

今年は何事もなく、穏やかな日々になりますように。

そして、PapascameraもFC2でやっていた頃を含めると丸3年。

引き続き今年ものらりくらりですが、わずかでも進歩ある写真が載せられるよう、努力の一年になればと思います。

 

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Ai micro-nikkor 55mm f2.8S。

クリスマスですねぇ。

そんな世間の風にビュンビュンふかれて、お散歩レンズを探していました。

条件は3つ。

1.50mm前後の単焦点

2.マニュアルレンズ(カニ爪付きが欲しい。Dfにつけたい)

3.安い。

第一候補は『Ai nikkor 50mm f1.4S』

探せどなかなか状態が良いといえるものが少なく、程度の割に高い。

(新品で買えば。と言われると、ぐぅの音も出ません(笑))

そんな中、近所の中古カメラ店を定期巡回中に発見したのがこいつ。

f:id:PapasCamera:20181225125348j:plain

外見は美品レベル。

『少・くもり有』となっていましたが写りに影響は無い感じ。

で、肝心の値段は12,500円!

試写しますと言いながら、買う気満々でショーケースから出してもらっていました。

Ai micro-nikkor 55mm f2.8のデビューは1981年。

かれこれ37年前のレンズですが、現在でもNikonのラインナップに残っています。

f:id:PapasCamera:20181225125737j:plain

高解像、良い色のり。

少し残念といえばハーフマクロという点ですが、これだけ寄れればお散歩レンズには十分かと。(後継のDタイプ(AF化)で等倍になったようです)

f:id:PapasCamera:20181225125729j:plain

では、拙い作例を。

f:id:PapasCamera:20181225125539j:plain

この画をDfの背面モニターで確認した時、鳥肌が立ちました。

37年前のレンズでここまでパリッと映るか~。と。

f:id:PapasCamera:20181225130151j:plain

かなり頑張ってますよね。

古いなんて言わせないぜ!と声が聞こえてきそうです。

f:id:PapasCamera:20181225125724j:plain

マニュアルですので、ピントを外すことも多々あります(笑)

f:id:PapasCamera:20181225125725j:plain

もう1台の相棒。お散歩カメラのこいつは出番が減りそう(汗)

しかし、革、金属の質感、ともに好きな描写です。

f:id:PapasCamera:20181225150928j:plain

ハマれば本当に気持ちの良い描写。

どんどん撮って慣れていこうと思います。

Zがデビューした年に30年以上前のnikkorにハマる。

まだまだFマウントは懐が深い。

すばらしく良い出会いでした。