キャパシティー。

f:id:PapasCamera:20210727124755j:plain

Fujifilm X-Pro3 + XF 35mm F1.4 R

連休明けから、いきなりピーク。

てんてこ舞い続き。

f:id:PapasCamera:20210727124842j:plain

Fujifilm X-Pro3 + XF 35mm F1.4 R

朝の散歩でも思考整理出来ず。

どうしたものやら。

ブログを書いて、少し自分にブレーキ。

そういえば、連休は月がきれいでしたね。

f:id:PapasCamera:20210727124946j:plain

Fujifilm X-Pro3 + XF 50-230mmf4.5-6.7 ois ii

今日はなんだか散らかった記事となりました。

初心忘るべからず。

f:id:PapasCamera:20210721125023j:plain

Fujifilm X-T1 + 七工匠 35mm F1.2

X-T1。

Xシリーズでは第2世代にあたるのでしょうか。

いずれにしても、1000万画素代のセンサーはここまで。

次世代からは2000万画素代になり、繊細な雰囲気の描写に進化しました。

f:id:PapasCamera:20210721132325j:plain

Fujifilm X-T1 + XF 35mm F1.4 R

とはいえ、進化と書きましたが、T1が劣っているわけではなく、低画素機の特性か、豊かで柔らかな描写。

 

f:id:PapasCamera:20210721125847j:plain

Fujifilm X-T1 + 七工匠 35mm F1.2

 

Nikon Dfも昨今の高画素機と比較して、低画素機ゆえの優しい描写が好きで、所有機材の中では足掛けですが一番長く使いました。

なんとなく、T1も似た雰囲気。

f:id:PapasCamera:20210721130509j:plain

Fujifilm X-T1 + 七工匠 35mm F1.2

このセンサー&ボディをそのままに、AFまわりを進化させてT1sとか、X-Classicなんてシリーズをいつか作ってくれないかな。

最近は便利なPrо3ばかり持ち出していましたが、今朝、ふと持ち出したT1を片手に、そんなことを考えながらの朝んぽでした。

f:id:PapasCamera:20210721130619j:plain

Fujifilm X-T1 + 七工匠 35mm F1.2

大事にしよう。

とらねこ定期便と日常5。

f:id:PapasCamera:20210714084746j:plain

Fujifilm X-Pro3 + XF 35mm F2 R WR

月に1度の定期便。

今日は、なつかしのひょっこりはんスタイル。

f:id:PapasCamera:20210714085828j:plain

Fujifilm X-Pro3 + XF 35mm F2 R WR

安定の被写体力。

今日はついでに日常シリーズ。

 

「親思い・子思い」

娘が幼稚園で収穫したトマト。

パパに食べてほしい!と言ってくれたので、もちろん食べます。

口内炎が4ヵ所できていても…笑顔、笑顔(笑) 

f:id:PapasCamera:20210714085204j:plain

Fujifilm X-Pro3 + XF 35mm F2 R WR

「なんでだろう」

ふと立ち寄った行きつけのカメラ屋。

なんであるかなXF23mm F2(被写体は35mmですが、撮ったのは23mm)

良い。としか言いようがない。

f:id:PapasCamera:20210714085438j:plain

Fujifilm X-Pro3 + XF 23mm F2 R WR

ナノユニバース

小さな、小さな宇宙。

f:id:PapasCamera:20210714085540j:plain

Fujifilm X-Pro3 + XF 35mm F1.4 R